保健所薬剤師とは?仕事内容は?

薬剤師の職場のひとつとして、都道府県が主に運営している保健所で働くというケースが考えられます。保健所では主に、薬局や病院の開設許可業務であったり、食品衛生監視業務、環境衛生に関する分析業務に従事することになります。衛生に関しての業務というのは、とても多いと言えるのです。

食品衛生に関しては飲食店に勤務したことのある人にはわかりやすいかと思いますが、レストランや食品工場、コンビニなどの食品を取り扱う場所では、必ず営業許可が必要になっていますよね。こうした施設を定期的に監視するのが保健所の役目であり、そこで働く薬剤師の役目でもあるのです。定期検査以外にも、食中毒などの食品によるトラブルが発生した場合にも、薬剤師は詳しい調査のために訪問するという業務を行います。検査後、その結果について、薬剤師は報告や指導なども行います。

また、ドラッグストア等の医薬品を取り扱う店舗に対しても同様の業務を行うのです。毒物や劇物、さらには麻薬や医療機器を取り扱っている施設も、設備であったり、その管理の方法が法律や条例などに則って、適切であるかを定期的にチェックし、巡回して指導をするという業務を行うのです。一見関係がまったくないように思えますが、美容院やクリーニング店も保健所の薬剤師の指導が入っているんですよね。

そして保健所で働く薬剤師の主な業務として、忘れてはならないのが献血についての業務になります。薬剤師は保健所業務として、献血の推進運動を行っています。よく市役所や、地域センターなどの前に、献血のワゴン車が停まっていて、献血にご協力くださいという幟とともに、献血の宣伝をしているのを見たことがあるかと思いますが、ああいった仕事も保健所で働く薬剤師の大切な仕事のひとつなんですね。

保健所では薬剤師といっても調剤を行うことはありませんし、どちらかといえば保健師よりの仕事が多いと言えますが、薬剤師としての視点から、それぞれに対して指導を行えるので、十分に薬剤師の資格を活かすことができると言えるでしょう。その仕事分野は、かなり多岐にわたった公衆衛生、薬学に関わる業務になります。保健所で働く薬剤師は、特に地域住民やコミュニティーと、直接かかわり合う仕事が多く、地元の住民の健全な生活の支障になるような、悩みのタネとなりかねない衛生に関係する問題を解決したりなど、薬局などで働く薬剤師とはまた違った意味で、やりがいがある仕事であるといえるでしょう。 もし保健所に転職したい場合は保健所の求人案件も豊富に扱うリクナビ薬剤師を推奨します。


>>保健所の高待遇の転職情報を検索するなら無料で使えるこのサイト<<

保健所の薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・人材紹介業の大手リクルートグループが運営している薬剤師転職サイトだから実績が違う!
  • ・保有求人数は業界トップクラスです。一般的な薬剤師の転職案件から、公務員薬剤師まで。
  • ・登録は約1分!しかもサポートは全サービスが無料。安心してサービスを受けられる。
  • 医療系ではなく、薬剤師専任転職キャリアコンサルタントがマンツーマンサポート!
  • ・メールやお電話でのキャリアコンサルティングサービスを行っているので時間がなくてOK。
  • 公務員薬剤師対策もしっかりと相談に乗ってくれます。悩んだらとにかく登録を。
  • ・転職の成功は情報収集。転職支援の老舗だからこそ、膨大な量の情報量を持っている。
  • 非公開求人の保有数ももちろん業界イチ!長年の実績があるからこそ、企業の信頼も厚い!

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・マイナビ薬剤師は、全て無料で利用できる薬剤師のための日本最大級の転職支援サイト!
  • ・コンサルタントのサポートが受けられ、保健所など希望通りの薬剤師求人を見つけられる!
  • ・厚生労働大臣認可のサービスなので安心!国認の転職サービスだから信頼性も高いです!
  • 利用者の約90%以上が、満足と答えるサイトであり、転職支援で利用者の口コミも高評価。
  • ・個別転職相談や電話転職相談も対応。だから全国どこからでも求人を見つけられます。
  • ・最適な求人を探してくれるから、保健所勤務希望でも、効果的な転職活動を行ってくれる。
  • 公務員試験対策もばっちり!筆記試験の傾向から、面談対策まで相談に乗ってくれます。
  • ・非公開求人を多数保有。カウンセリングを通し、客観的に最適で納得のできる求人を提案。

詳細はこちら

ヤクジョ

ヤクジョ
  • 入職後離職率は、たったの1%で有名。キャリアコンサルタントと質が全然違います!
  • 独自のネットワークがあるからこそ、公務員薬剤師の道も簡単に開ける!
  • ・高満足度と低離職率のヤクジョだからこそ妥協のない満足する転職が実現できます。
  • 非公開求人も多数保有しているからこそ、量&質ともに満足できる転職先が見つかります。
  • ・一人ひとりの希望に合うコンサルティングを行い、転職後も完全サポートしてくれる。
  • 調剤薬局からドラッグストア、病院、保健所まで公務員薬剤師の道も見つけられる。
  • ・選択できる職種の道が多い薬剤師の転職でも、あなたにベストマッチした仕事探しが可能!
  • ・書類対策も万全フォロー!応募案件への推薦状も用意するなど強力なサポート体制が◎。

詳細はこちら

保健所薬剤師になるためには?採用されるポイント

保健所で働く薬剤師の身分は、地方自治体に採用された公務員という扱いになります。保健所に採用されると、配属される部署により仕事の内容はさまざまに変わってきます。ただ、当該保健所の管轄内で暮らす全ての人が、薬剤師としてのあなたがサービスを提供すべき対象になります。つまり乳幼児から高齢者までが業務の対象になるというわけです。エリアは当該保健所内と近隣地区との関連までが、対象になっているのです。つまり、管轄エリア内とそのエリアに影響を与える可能性のある地区までが対象になるわけですね。非常に幅広いエリアの住民すべてが、サービス対象となることになるのです。

管轄エリアに暮らす全ての人の健康と福祉、健全な環境を俯瞰しながらも、一人一人のケースにも対応しなければならないということが、保健所で働く薬剤師の仕事と言えるでしょう。つまり柔軟さと器量の大きさや判断能力などが必要なわけです。具体的には、エリア内に伝染病が発生した場合など、その拡大を阻止するための応急処置を講じ、実践すること。またそれに伴う行政措置をしっかりと取ること。さらには発症者の隔離と病菌検査を行うこと。適切な隔離病院の手配などを、保健所に従事している医師や保健師などの医療従事者と共働し、臨機応変に処理していくことが大事な仕事です。

つまり保健所で働く薬剤師の仕事には、豊富な地域事情の知識と、薬剤に関する高度な知識の両方が要求されているのです。ですから保健所で働くためには、この二つの知識を、きっちりと習得していなければなりません。保健所の薬剤師として、特別な資格を取得するという必要はありませんが、公務員として扱われることになるので、当然に公務員試験を受けなければなりません。厳密にいえば、地方公務員上級扱いになりますから、それ相応の試験をパスすることが必要なわけです。

採用をされるポイントとしては、保健所の仕事を把握していれば、自然にわかってくるはずです。そもそも保健所は、その地域における人々の健康や衛生の分野を管理し、指導を行なっていく公的機関という位置づけになります。行う仕事の分野は非常に多岐にわたっており、食品店の営業許可から、ペットの感染症などの予防注射など、いろいろな分野の専門家達が保健所には存在しているということになります。

ですから、自分が得意とする薬学を活かした仕事、たとえば、食品流通の製造や調理販売等の指導や検査であったり、河川や地域のプールなどにおける水質検査、大気汚染や土壌汚染などの公害対策などに必要な知識を有し、そして本気でやる気があるのかどうか。やりがいを感じられるかどうかを判断されるのではないでしょうか。

保健所薬剤師に強い求人サイトは?

保健所に働く、薬剤師として働きたいのであれば、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師などを代表とする、薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用することをおすすめします。 なぜならば、売り手市場と言われている薬剤師の求人案件の中でも、保健所の薬剤師の場合は、売り手市場一辺倒とは呼べないからです。一般的な薬剤師が働く職場というと、病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社という職場が思い浮かぶことでしょう。確かにこれらの職業の場合には、売り手、つまりは、転職を希望しているあなた方の方が、有利な立場にあるわけです。しかし保健所の薬剤師は、地方公務員上級扱いになるわけです。

公務員になるということは、それなりのメリットが沢山あるわけです。まずは給与の面に関しても、かなり優遇されることになるでしょう。そして倒産の心配がないということです。世の中が不景気であっても、地域住民の健康や健全な生活を維持していくために設置されている保健所が潰れるなんてことは、はっきりいってありえないでしょう。職業の安定性などから考えても公務員は人気があるのです。

ですから、募集をかけた場合には、それに対しての応募が殺到するわけですね。もちろん公務員試験は行われるものの、薬剤師の知識を問うような簡単な試験であることに変わりはないですから、薬剤師として国家資格を取得した知識などがあれば、当然に合格することができるはずなんですね。

需要以上になり手が多い職種であるために、公務員の薬剤師という部分では、売り手市場ではないと言えるわけですよ。こういった事情があるために、特に保健所の薬師募集の場合には、転職支援サービスサイトなどに、人材確保は一任されていることが多いわけです。特に時期としては、新卒を募集する2月から4月までの時期。さらには、その新卒者が、自分と職業のマッチングを考え、離職が多くなる6月から8月の時期には、転職支援サイトに補充要因の求人情報が沢山集まる傾向があるのです。

転職支援サイトといっても、現在の世の中では、その数は多く、さまざまな分野の転職支援サイトが乱立している時代です。その中でもリクナビ薬剤師はリクルート運営。そしてマイナビに関しては、毎日コミュニケーションズという転職実績のあるサイトに人材確保の依頼を、非公開求人として依頼していることが多いわけですね。ですから、保健所などの公務員薬剤師になりたいと思っているのであれば、こういった転職支援サービスサイトを利用するのが一番なのです。